包茎手術でツートンカラーにならない方法は? 原因や対策を紹介

 

包茎手術によって、ツートンカラーになってしまうことを心配している男性がかなりいます。

今回は、ツートンカラーの原因や、ツートンカラーにならないための対策などについて、項目ごとに解説していきます。

包茎手術後にツートンカラーになる原因とは?

包茎手術は、特に包皮を切除する方法が主流です。
陰茎のサイズに比して包皮が長すぎることが包茎の原因になっています。そこで、包皮を切除することによって、包皮を適切な長さにしようというわけです。

しかし、この包茎手術の後に、ツートンカラーという状態になってしまうことがあります。
このツートンカラーは、見た目にも悪く、手術の失敗事例として恐れている人も多いです。

包皮というのは、根元から先端、包皮内板(内側の亀頭に面している包皮)に向かっていくにしたがって、段々と暗い色から明るい色へとグラデーションになっています。
極端に言えば、黒からピンクへという具合です。

切除術のなかでも一般的に用いられている環状切開法の場合、包皮の真ん中部分を切除します。
そして、切った包皮を除いて、その上下の包皮を縫いとめます。
グラデーションの真ん中部分がごっそり消えてなくなるため、縫合部位を境に明暗がくっきりと分かれてしまいます。
これをツートンカラーと呼んでいるわけです。

このように、包皮の切除によって、グラデーションの一部が損なわれることが、ツートンカラーの原因です。

参考:上野クリニック

ツートンカラーの予防法は?

ツートンカラーは、包皮をカットすることによってできるものです。

しかし、包茎は包皮が余っていることが原因ですから、包皮の切除は有効であることに変わりはありません。

他にも、包皮を根元で縫いとめて剥き癖をつける、といった方法による切らない手術がありますが、仮性包茎で軽い症状の方には利用できても、真性包茎、カントン包茎の方には適用することは難しいです。

特に真性包茎やカントン包茎の方の場合には、包皮が亀頭と癒着していたり、包皮が陰茎を締め付けていることも多いです。このようなケースで、切らない手術、あるいは亀頭増大や長茎術によってペニスの大きさを向上させても、自然

と包茎が治ることはないです。

むしろ余計に包皮がペニスを圧迫して状態が悪くなることがあります。

そのため、ツートンカラーのリスクがあっても、包茎治療にあたって、切除術が避けては通れない人も多いわけです。

そして、切除術を希望する以上、ツートンカラーもまた、避けることができないものだといえます。

先の項目で説明したとおり、包皮を切除すればかならず、グラデーションの一部が欠けます。これは執刀する医師の技術には関係がないところです。

では、どうしたらいいのかというと、大事なのは“目立たないようにする”ことです。

ツートンカラーや、傷跡が残ることは避けられなくても、それが見えなければ良いという考え方です。

そこで採用されているのが、「亀頭直下環状切開法」と呼ばれる手術方法です。

★ツートンカラーを目立たないようにするには「亀頭直下環状切開法」が有効

亀頭直下環状切開法は、何が通常の環状切開と違うのかというと、名前の通り、亀頭の直下を切除するところです。
亀頭の直下は、ちょうどくびれている部分です。ここの包皮をカットして縫い合わせることによって、傷跡がちょうどカリ首の下の部分にくるので、ツートンカラーとともに目立ちにくくなるメリットがあります。

参照URL:名古屋メイルクリニック

亀頭直下環状切開法を採用しているクリニックを紹介

傷跡やツートンカラーを目立たなくするためには、亀頭直下を切除する方法が大事だと述べました。

そこで、この項目では実際に亀頭直下環状切開法を実施しているクリニックのなかでも、1番おすすめできるところを紹介します。

上野クリニック

包茎治療では業界でも大手の上野クリニックです。
上野クリニックでは、亀頭直下環状切開法を行っています。上野クリニックでは特にこれを独自に進化させていて、「複合曲線図法」と呼んでいます。

通常の亀頭直下環状切開法は、性感帯である包皮小帯(亀頭の裏側あたりにある)も一緒に切除します。しかし複合曲線図法は、緻密な手作業で、裏側の包皮小帯にあたる部分で曲線を描き、包皮小帯を温存するものです。
そのため、術後の感度低下を避けることができ、かつ見た目も傷跡が目立ちにくく非常に綺麗です。

通常の環状切開術の相場は5万円ほどです。
上野クリニックの複合曲線図法による手術は、72,000円(ナイロン糸)からということで、相場よりは高い設定になっています。
そのぶん、じっくりと丁寧に手術が行われるので、ツートンカラーが目立つことによる術後の悩みを感じるリスクは少ないです。

ツートンカラーの対策についてまとめ

包皮を切除する手術の場合、ツートンカラーにならないようにすることは厳しいです。
そうではなくて、いかに目立たないようにするか、ということが大事になります。

目立たないようにする最善の方法は、亀頭の直下を切除することです。

この亀頭直下切除法をさらに進めて、大事な性感帯である包皮小帯を残すことができる方法を採用している上野クリニックは、非常におすすめです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ