おちんちんの大きさに悩んでいる男性も多いと思います。ペニスに太さ、長さを期待してしまうのは、まさに男の悲しき性。

ペニスが大きいければイイという訳ではありませんが、ペニスが大きい程、男としての器も上がるはず。

今回はそんな男のロマン、おちんちんを大きくする方法について考察してみたいと思います。

ちんちんって本当に大きくなるの?目指せペニス増大!

はっきり言いましょう、お金をかけてもかけなくても、おちんちんを大きくすることは出来ます。

5cm、10cmの劇的なビフォーアフターは期待出来ませんが、少しの努力と根気さえあれば、おちんちんってムクムク成長していくものなんです。

サプリメントでペニス増大を目指す

ペニスを大きくする為に、まず思いつくのがサプリメントではないでしょうか。

医薬品と異なり、効果を実感するまでに時間がかかることもあり、効果がジワジワ現れる前に、サプリ摂取を辞めてしまう方が後を断ちません。

裏を返すとミネラルやビタミン、生薬がメインのサプリメントは、副作用が出にくい点がメリットなんです。

しかしペニス増大をダイレクトに導く効能があるサプリは残念ながら存在していない為、あくまで精力増大やペニスへの血流を良くするが主な作用と言えるでしょう。

コンビニ・ドラッグストアで購入出来るサプリ

行きつけのコンビニやドラッグストアで購入出来るサプリは限られていますが、少ない予算でペニスへの栄養供給が出来るので、ペニス増大の第一歩として購入してみましょう。

エビオス錠(アサヒ)

こちらはもはや定番中の定番ですね。エビオス錠と言えばドバドバ精子と言うイメージですが、精力アップ以外にも胃もたれ、食欲不振などに効果が期待出来ます。

ビタミンB郡、亜鉛を含んだミネラルにアミノ酸を含んだエビオス錠なので、男性自身を元気にするプラス日々の健康促進サプリとしてオススメです。

ただしこちらはビール酵母主体のサプリですので、プリン体が気になる方は、摂取を避けた方がベターかもしれませんね。

エビオス=精力がつくと考えている方も多いと思いますが、あくまで精力剤の補助サプリメントとして捉えた方がいいでしょう。

シトルリン(DHC)

もはやペニス増大といえばシトルリン、と言ってもいいくらいの定番成分ですね。

DHCのサプリメントはコンビニで簡単に購入可能なので、気軽に精力アップに貢献出来るのは嬉しい限り。

シトルリンがペニスに与える効能は以下の通り。

  • 成長ホルモン分泌を促し、テストステロンを増やす
  • 一酸化炭素を増加させ、勃起に不可欠な血流をよくする

特に下半身に元気のない方にこそ、オススメしたいサプリメントと言えるでしょう。

凄十

コンビニで購入出来る最高レベルの精力剤が凄十です。

ネーミングからして只者ではない雰囲気を醸し出しますが、男性機能アップにモッテコイの成分がズラリ。

  • 亜鉛
  • トナカイホーンエキス
  • 高麗人参エキス
  • ローヤルゼリー
  • マカ抽出物
  • ガラナ抽出物
  • サソリ抽出物
  • コブラ抽出物

男の為の成分、亜鉛にマカだけでなく、漢方薬として使われるトナカイホーンも配合されているので、勃起改善にも期待出来ます。

ただしドリンクタイプ尚且つお値段が若干高額の1000円なので、毎日飲むとなると金銭的スペックは低し。

その為、ここぞという時や、数日置きに飲むのがベターかもしれませんね。

 

個人輸入で購入出来るサプリ

個人輸入まで選択肢を増やすことで、国内では許可されていない成分や、含有量の高いサプリメントを購入可能です。

日本国内で販売されているサプリメントは薬事法で制限された範囲内でしか、有効成分を配合出来ないので、効果もあまり期待出来ません。

それでは個人輸入で購入出来る、人気サプリメントをご紹介しましょう。

ハーバルビリリティー

こちらハーバルビリリティーは、いわゆる勃起力改善サプリです。

アメリカで製造販売されているサプリメントですが、ペニスの大きさを3インチ大きくすることが可能らしく、日本人ユーザーにも大変な人気とクチコミを誇っています。

特質すべき成分を見てみましょう。

  • ヨヒンベ700mg
  • マカ500mg
  • カツアバ125mg
  • ムイラプアマ125mg
  • ナイアシン75mg
  • 亜鉛40mg

??の成分が多い気がしますが、カツアバ、ムイラプアマはハーブの一種で精力減退や男性機能増強に効果大。

700mgも配合されているヨヒンベは、陰茎部の海綿体への血流を促すことで、勃起力アップそしてペニス増大効果をもたらします。

デカちん大国アメリカ発ということもあり、含有量の高さが自慢ですが、基本天然由来の成分なので副作用はありません。

しかし日本人向けに臨床実験が行われた訳ではないので、体格や年齡に合わせた服用をすることが大切になってきます。

 

“毎朝の朝立ちが止まらない”

”日本のサプリより断然即効性がある”

”精子の量が増え、太くなった”

 

などのクチコミも多いので、日本のサプリで効果が実感出来なかった方にはオススメです。

メガマックスプロ

こちらもアメリカ発の有名男性機能向上サプリメント、メガマックスプロです。

中折れ、持久力、そしてペニスを大きくしたい方必見の成分はこちら。

  • シトルリン300mg
  • ダミアナ200mg
  • ムイラプアナ200mg
  • アルギニン120mg

こちらも言わずもがなの高含有量ですね。

天然のバイアグラとも呼ばれるシトルリンにアルギニン、そして精力増強だけでなく抗うつ、滋養強壮効果にも期待出来るダミアナが、元気のないペニスを蘇らせます。

 

”凝縮された成分で、精力アップだけでなく疲労にも効果大”

”海綿体の充血を感じます”

”穏やかなペニス増強を実感”

 

などの嬉しい声も少なくありません。

アメリカ産のサプリメントですが、やはり効果を実感するには個人差もあるので、最低3ヶ月間は服用しましょう。

 

ペニス増大手術が一番確実

前述の通り、サプリメントで確実にペニスを大きくすることは難しいのが現実です。

その為、大きさ・長さに形状を自分の理想に近づけるベストな方法は、クリニックでの外科的手術の他にありません。

クリニックに行けば万事解決するのか?

皆さんが不安になる要素の一つとして、本当にペニスの増大を実感できるのか?が挙げられます。

一言で言えばYESですが、ペニスの増大と言っても、幾つかの種類に分類可能です。

  1. 短小改善…靭帯や脂肪を切除することで、埋まっているペニスを出してあげる手術のことです。
  2. カリ増大…女性が喜ぶポイントであるカリの部分に、ヒアルロン酸等を注入し、カリの増大を図ります。
  3. 亀頭増大…カリ増大と同様に亀頭周りに、ヒアルロン酸やアクアミドを注入し、ペニス増大だけでなく、早漏防止にも効果的。

基本的にこの3パターンが主流ですが、そのほかにも個人の希望に合わせて、早漏防止、不感症改善やシリコンボール挿入など様々な施術が可能です。

勿論大きな出費になりますし、インフォームドコンセントを徹底しないと、希望と全く違う、もしくは失敗する恐れも0%ではありません。

その為、自分の希望、施術の種類と方法を比較した上で、自己責任の元、手術に臨みましょう。

メス入れなしでペニスを大きく出来るって本当?

やっぱりペニスにメスを入れるのは怖いですよね?

しかしペニスを長く引き伸ばす長茎術は、靭帯に医療用の糸を引っ掛け固定することで、ペニスの根元を出すことが可能です。

切らないからこそ安心度が高い長茎術ですが、果たして不安な点は皆無なのでしょうか?

ここでは気になるそのメリット、デメリットについてお話したいと思います。

切らない長茎術のメリット

簡単にメリットを挙げてみたいと思います。

  • 短時間で手術が可能である
  • 大幅なサイズアップを実感出来る
  • 傷跡を残さない審美性

などが挙げられ、とにかく自身のペニスに劣等感を持っている方には、一番適した方法だと言えるでしょう。

切らない長茎術のデメリット

ものの10分程度で施術が終わる長茎術ですが、勿論デメリットも幾つか挙げられます。

  • 体型によっては効果が出にくい
  • 糸が切れてしまう可能性が排除出来ない
  • 費用は決して安くない(10~20万程度)

メリットもあればデメリットがあるのは当たり前ですが、特に太めの体型の方は埋もれたペニスを引き出しにくいので、まずは体型を絞ることが先決と言えるでしょう。

何はともあれ、自身のサイズアップの希望や金額、その他のオプションなど、熟考に熟考を重ねた上で、手術に臨んでくださいね。

器具を使ってペニスを増大

サプリメント、手術というペニスのサイズアップに着目してきましたが、最後は器具を使ったペニスの増大方法です。

正直面倒くさがりな方、ズボラな方にはオススメいたしません。

イギリス発バスメイトでペニス増大を

もしかしたら、ご存知の方もいるかもしれません。

こちらはお風呂に浸かりながら、もしくはシャワーを浴びながら、ペニスのサイズアップが出来るアイテムバスメイトです。

バスメイトは水圧下でペニスに一定の圧力をかけるので、空圧で行うペニスポンプよりも、ペニスへ均等な圧力をかけることが出来ます。

非圧縮の水中下で行う為、ペニスに対する負担も少なく、皮膚のうっ血などに困ることもありません。

陰茎の海綿体を吸引し、その細胞を活発化させ、更に血流を良くすることで、ペニスの増大が期待できます。

1回毎の増大効果は長く続きませんが、継続して使用することで、半永久的なペニスの増大を実感することでしょう。

世界が認めたサイズアップ器具、アンドロペニス

アンドロペニスは日本国内でも雑誌などで紹介されることも多く、それなりの知名度を誇っています。

バスメイトと異なるのはポンプ式ではなく、ペニスに引っ掛ける牽引式のサイズアップ器具という点です。

アンドロペニスはスペインの医療メーカーアンドロメディカル社の看板商品で、本国スペインだけでなく、欧州全域でペニスのサイズアップを願う男達に愛用されています。

なぜペニスを牽引することでサイズアップが出来るのかと言うと、継続的にそして緩い刺激をペニスに加えることで、海綿体が刺激されて細胞分裂を促進するからです。

世界で100万人以上の男性に使われているペニスサイズアップの雄ですが、毎日4~10時間の牽引が必要な点、そしてかなりの力で牽引する(600~1500g)為、痛みと煩わしさが大きなデメリット。

それこそ勉強と同じく、毎日の地道な努力が出来なければ、お金の無駄になること間違いなし。

それでもあなたは挑戦してみたいですか?

 ちんちんを大きくする為の生活習慣とは?

ペニスの大きさは私達の食生活、そして生活習慣に依存するということをご存知でしたか?

好きなものを好きな時に食べたいのが人間ですが、欲望に正直なライフスタイルは、ペニスの成長によろしくないのです。

食生活がペニスの大きさを左右する

シトルリン、アルギニン、亜鉛にテストステロン、天然成分の高麗人参やマカも忘れちゃいけませんね。

これらの成分がペニスの増大に関与することは皆さんもご存知だと思いますが、これらの栄養素をいかに毎日摂取出来るかがカギになってくるのです。

また肉食過多などのバランスが不均一な食生活は、体内の活性酸素を増やし、いわゆるメタボリックシンドロームを誘発します。

メタボリックシンドロームが原因の糖尿病などはEDの原因になる他、肥満体型になると血流が停滞し、海綿体が充血せずに勃起力が下がることもあるのです。

特に脂肪が付き始めると、お腹周りがブヨブヨになり、ペニスの根元が贅肉で埋まってしまいます。

たかが食生活、しかしペニスの健康、勃起維持に食生活は大きく関与することを、よくよく覚えておいてくださいね。

ペニス増大を狙える食べ物はコレだ

亜鉛たっぷりのカキ、シトルリンの宝庫のスイカ、そして精力アップの代名詞すっぽん、果たしてこれらを毎日摂取することが出来るでしょうか?

正直難しいと思います。その為ペニスに優しく、毎日摂取可能な食生活を実践することからスタートです。

ペニス増強に適したサラダ生活

まずはビタミン類が豊富な緑黄色野菜ですが、特に抗酸化作用が強く、血管を拡張する作用のあるビタミンEを積極的に摂取しましょう。

例えばカボチャやほうれん草が特にビタミンEが豊富ですし、更にナッツ類をプラスし、オリーブオイルをかけてあげると、最高にペニスに優良なサラダの出来上がり。

更にシトルリンが含まれるキュウリや、ビタミンEの吸収率をあげるビタミンCが豊富なレモンを添えてあげましょう。

日本人の伝統食和食がペニスに優しい理由

また日本人の食生活と切っては離せない、大豆製品も忘れずに摂取してください。

味噌や豆腐、醤油にもアルギニンが含まれているので、一汁三菜そして腹八分目を意識し、おいしい大豆生活を送りましょう。

最後にねばねばの納豆、山芋などはムチンを含み、スタミナ増強だけでなく、細胞分裂を促しますので、積極的な摂取をオススメいたします。

食生活だけでなく、毎日のトレーニングも忘れずに

規則正しい食生活と並行して行って欲しいことがあります。

それは健康維持にも欠かせない適した運動です。

簡単スクワットでチントレを

毎日ジムに通う必要も、ジョギングを日課にする必要もありません、寝る前に10分だけスクワットをしてみましょう。

少し股を大きく開いて、ゆっくりと腰を沈めることが、ペニスの増強に繋がる筋肉を鍛えるコツです。

世の中には様々な種類のチントレが存在していますが、難しいことに挑戦するのではなく、シンプルな運動を毎日習慣付けて継続することが大切になってきます。

超簡単なペニス増大運動

私も暇な時に行うのですが、肛門を意識的にギュッと閉める開閉運動、そして排尿時に意図的に尿を止めることで、ペニス周辺の筋肉を鍛えることが可能です。

オフィスでパソコンと睨めっこをしながら、もしくはトイレで踏ん張っている時にも出来る超簡単なチントレなので、今日から実践してみてくださいね。

まとめ

ちんちんが大きいことが、必ずしも女性を喜ばせるとは限りません。

むしろ持久力や硬さを気にする女性が多いのですから。

しかしちんちんが大きくなれば、男としての自信に繋がるのは確かな事実。

ペニスの成長は10代までと思われがちですが、サプリメントやチントレなどを習慣付けるだけで、ペニスの大きさは年齡問わず成長可能です。

クリニックにおける切らない長茎手術などに、魅力を感じる方も少なくないはず。

しかし手術に踏み切るその前に、自身の生活習慣や食生活を見直し、あなたにあったペニス増大方法を継続することから始めましょう。