全ての男性のロマンを奪ってしまうような包茎と言う二文字。

包茎で悩む男性は少なくなく、しかし包茎手術に積極的な男性は決して多くはありません。

今回はそんな包茎ペニスと、それに関連する病気についてお話したいと思います。

包茎が病気を引き起こすって本当?

まず始めに言いましょう、包茎が病気の原因になると言う噂のアンサーは、疑いようのない事実です。

勿論包茎自体がペニスの病気と言う意味ではなく、包茎であることが、ある種の病気を誘発することを意味します。

ここでは包茎であることが病気を引き起こす、その背景について紐解いていきましょう。

何で?包茎がペニス病気のトリガーになる原因とは

包茎であることに不便を感じること言えば、コンドームが付けずらかったり、はたまた陰毛が包皮に巻き込まれたりと、踏んだり蹴ったり。

しかし包茎であることの最も大きなデメリットといえば、恥垢が貯まりやすく、ペニスの衛生環境が悪くなる点に付きます。

恥垢とはあの強烈な腐ったチーズと牛乳を混ぜたような臭いの正体で、主に精液、カウパー液、残尿物質や尿道球腺液から構成される、垢のことです。

通気性の悪い包茎環境では、この恥垢が溜まりやすく、雑菌が繁殖しやすい環境であるのは言うまでもありません。

この恥垢がペニスの衛生環境を悪くし、そして繁殖した雑菌や病原菌により、炎症や性病をもたらすトリガーになることが分かっています。

包茎の度合いによっても異なりますが、亀頭を露出出来ない真性包茎やカントン包茎の方は、シャワーや入浴時に恥垢を洗い落とせず、劣悪なペニスの衛生環境を作り出すのです。

包茎が原因で羅患しうる病気まとめ

あれっ、ペニスが痒いし違和感があると思った方は要注意です。

清潔に保てない、包茎ペニスは病原菌の温床。

もしかしたらあなたのペニス、こんな病気に羅患しているのかもしれません。

包茎が原因で発症する病気

ここでは包茎が原因で、引き起こされる病気についてまとめてみたいと思います

亀頭包皮炎 

包皮内板と亀頭に炎症が起き、痒みや排尿時の違和感を感じたり、しばし出血が見られることも。亀頭のみ、包皮のみにに炎症が出る場合と、亀頭と包皮両者に炎症が出る場合があり、後者を亀頭包皮炎と呼びます。原因として考えられるのは溜まりに溜まった恥垢が、炎症を引き起こす為で、特に包茎の男性に多発する病気と言えるでしょう。

紅色肥厚症

ボーエン病と言われる皮膚内ガンの一種です。亀頭部位が鮮やかな紅色に変色し、かさぶたやびらんを生じることもあります。こちらの原因も亀頭と包皮の間に蓄積した恥垢が原因となる為、包茎男性に多く見られる病気です。ガンの重篤化、転移を防ぐ為にも、迅速な発見と治療が望まれます。

閉塞性乾燥性亀頭炎

亀頭包皮炎が重篤化することで見られる症状で、亀頭周辺が白く変色し、柔軟性を失い硬化してしまいます。亀頭包皮炎を放置することで炎症が慢性化し、痛みや違和感から亀頭露出を避ける傾向にある為、結果として真性包茎を導くことも少なくありません。

陰茎ガン

詳しい原因は分かっていませんが、この病気もペニスの衛生環境とりわけ恥垢が原因になるのでは、と考えられています。陰茎に発生するガンですが、男性でもその発症率は非常に低く、痛みなどの初期症状がない為、早期発見が難しいガンの1つです。統計学的調査によると、包茎男性の羅患率が高いことも分かっています。

包茎男子要注意!包茎が女性を病気にすることも

不衛生な恥垢が多くの病気の原因になることは前述の通りですが、実はあなただけでなく、セックスをする相手にも病気を感染させてしまう場合もあるのです。

特に性交渉が多い包茎男子の場合、恥垢が蓄積した不衛生なペニスの衛生環境が、HPVウイルスの感染率を高めます。

このHPVウイルスは女性の子宮頸ガンを誘発することでも知られており、知らず知らずの内に、あなたの愛する女性をガン化させてしまうこともあるのです。

また真性包茎、カントン包茎の場合、射精が上手くできずに不妊症の原因になることも少なくありません。

このように女性のパートナーがいる方にとっても、包茎はいくつかのリスクパターンをもたらすことになるので、包茎の種類に問わず包茎手術を検討することをオススメいたします。

参考リンク http://xn--u9jtgmdzdtebb1980epz2ao2vthxf87aflo.com/zyosi-hokeidouomotteru/

包茎がHIV含めたSTDの感染率を上げる?

一度でもセックスをしたことがある方が感じる一抹の不安、そうHIV感染についてです。

実は包茎であることがHIVの感染率に影響を及ぼし、またその他のSTDにも感染しやすい驚愕の事実があることは、あまり知られていません。

包茎男性はズルムケ男性に比べてHIVに感染しやすい理由

欧米やイスラム国家で多く行われている宗教的儀式の一つ割礼。

つまり幼少時に包皮の一部を切除する、簡易的な包茎手術のような儀式のことです。

外国人がズルムケ率が高いのは、この割礼の恩恵とも言えますが、実は彼らはHIVに対しての感染リスクが低いことも、医学的調査によって分かっています。

包皮に包まれた状態の包茎では、亀頭が常に露出していない為、外部刺激に弱く、ウイルスや細菌による影響に感化されやすい傾向にあるのです。

また包皮の内側(包皮内板)に関しても免疫細胞が多く傷つきやすい部位なので、普段から露茎していない男性は、セックス時にウイルスや細菌に感染しやすくなることが分かっています。

このような背景から、包茎男性は外部刺激に大変弱く、HIVの感染リスクが高まることが判明しているのです。

包茎と性感染症の関連性

上記でHIVと包茎の関連性について説明してきましたが、HIVだけでなく多くの性感染症(STD)の感染リスクを考えなくてはなりません。

あなたがどんなセックスを楽しんでいるか?終始コンドームを付けているか?でSTD感染率は異なりますが、日本ではSTD感染が破竹の勢いで増えている現実から目を背けることは出来ません。

包茎だから必ずSTD感染率が上がると言う訳ではありませんが、カントン、真性包茎のように、普段から恥垢を洗い流すことが出来ない男性は要注意。

常に包皮内が湿潤状態にあり、雑菌が繁殖しやすい環境にあるので、コンジローマやヘルペス、尿道炎にも感染しやすくなります。

また一度STDに感染すると梅毒やHIVの重複感染率が数倍~10倍程度まで、感染確率が上がることも分かっているのです。

自分は大丈夫と思い込みたい気持ちは分かりますが、特に包茎男性の場合はペニスを清潔に保つことが難しくなるので、これらのSTDや重複感染の確率は非常に高まってきます。

参考リンク http://xn--u9jtgmdzdtebb1980epz2ao2vthxf87aflo.com/seibyo-konjiroma/

病気を防いで性生活を謳歌する為に

恥垢を溜めずにペニスを綺麗に保つことが、病気を防ぐ一番の予防方法になることは言うまでもありません。

まずはあなたのペニスの衛生環境を今一度確認してみましょう。

真性・カントン包茎は迷わず包茎手術を

真性包茎、カントン包茎の方は、悩みそして塞ぎ込んでしまうその前に、一度クリニックを受診することを強くオススメいたします。

仮性包茎と異なり、手でムキムキして亀頭を露出し恥垢を洗い落とすことが出来ない為、亀頭包皮炎や性病などに羅患する可能性は低くありません。

包茎治療には、器具を使った治療方法やステロイド剤を塗布する保存療法も存在します。

しかし真性、カントン包茎の場合には、これらの方法は全く効果が望めない為、外科的手術のみが包茎解消の手段です。

自分自身の為だけではなく、パートナーを病気から守る為にも、いち早い手術を決断してください。

参考リンク http://xn--u9jtgmdzdtebb1980epz2ao2vthxf87aflo.com/houkei-osusume/

手術を望まない仮性男性は常にペニスを衛生に

自分で手で剥けば亀頭を露出出来る、軽度の仮性包茎の方は、常にペニスを清潔に保ちましょう。

シャワーや入浴の際に患部を綺麗に洗い流すだけでなく、排尿の際はなるべく包皮を剥く癖をつけてください。

またオナニーやセックスで果てた後は、必ずシャワーでペニスを洗い流すことも大切になってきます。

正直面倒臭いなと感じる方もいると思いますが、健全で気持ちのいいセックス、そして健康な生活を維持すると言う意識を持って、あなたのペニスと日々向き合っていきましょう。

まとめ

包茎は病気ではありませんし、日常生活を送る上で、重篤な障害になることはありません。

しかしこれだけ多くの病気のリスクを抱えていることには違いないので、自身の健康に投資をする意味も込めて、包茎手術を検討してみてはいかがでしょうか?

清潔なペニスで気持ちよくセックスが出来るのなら、それってとても素敵なことですよね。