包茎になってしまう原因とは??

性の多くが抱えている悩みに包茎があります。

日本人の7割が包茎であるというデータがあるので、あまり気にしないという方も結構いるのではないでしょうか。

しかし、包茎は見た目以外にも様々な問題を引き起こします。

そこで今回は、包茎の原因について掘り下げてみました。

包茎になってしまう原因とは??

今回は包茎になってしまう原因について徹底解説しました。

体質的な問題

私達人間の男性器は、産まれたときには全員が包皮で亀頭を完全におおっている、いわゆる真性包茎の状態です。

そして成長期を迎え体と共にペニスも成長していき、徐々に包皮の余りが少なくなっていくことで亀頭が完全に露出した状態になります。

しかし、先程も述べたように日本人の7割は亀頭の一部分しか露出しない、いわゆる仮性包茎の状態です。

うまれつき包皮口が狭かったり皮が異常に長いなど体質的な問題なので自分で対処をするのは不可能です。

成長期に陰茎の皮をむかなかったため

体質的には問題はないのですが、成長期に皮を剥こうとしなかったため、おおいかぶさった包皮によって亀頭の成長が妨げられてしまい皮が余ってしまうという問題です。

後者は自分自身で成長期に対処をすれば改善できたかもしれませんが、包茎に悩む男性の大半は成人以上の方なので手遅れともいえます。

オナニーのし過ぎ

オナニーのしすぎで皮がのびてしまうことで包茎になる、といったことを書かれているサイト等が多数見受けられますが、科学的根拠やデータに乏しいためあまり真に受けないほうがよいでしょう。

ただ、オナニーをする際に亀頭に直接触るのではなく皮をかぶせた状態で行う、いわゆる皮オナニーをすることで、包皮がのびてしまう可能性はあるようなので、そのようなオナニーを行っている方はすぐにやめたほうがよいでしょう。

包茎のデメリット

上記では包茎の原因を記述しましたが、包茎であるデメリットは一体何なのでしょうか??

外面的な問題

まず、外見面での問題ですが、やはり女性の方は圧倒的に包茎ではない男性の方がよいというアンケート結果が雑誌などで見受けられます。感じ方に個人差はあるかもしれませんが、男女問わず大半は、亀頭が露出した立派なペニスの方に好感が持てるのではないでしょうか。

機能面的な問題

次に、機能面での問題ですが、主な問題として恥垢が溜まりやすい・コンドームが装着しづらい・早漏になりやすいなどがあげられます。

具体的に説明すると、包茎だと亀頭を完全に露出できないので亀頭と包皮の間に恥垢が溜まりやすくなります。

もちろん、シャワーできちんと洗い流せばよいのですが、仕事や学校などがある日中にそんなことはできないので、その間にも恥垢は溜まっていき臭いを生む原因にもなります。

そして包茎だと包皮が長いので、コンドームを装着した際に包皮が毛を巻き込んでしまい中々装着できなかったり、装着後も性行為の最中に皮が動いてしまい、コンドームがずれたりしてしまう原因にもなります。

刺激が強すぎる

また、包茎だと亀頭が外部から刺激に慣れていないため、性行為を行った際に刺激が強すぎて早漏になってしまいます。外見面での問題ばかり気にされている方も多いと思いますが、実は機能面でのデメリットもたくさんあるんです。

茎によるデメリットについて述べましたが、その中でも特に深刻なのが機能面での問題にあげられている「恥垢が溜まりやすい」ことです。

感染症になりやすい

先程は臭いの面での問題にしかふれていませんが、実は恥垢は臭いを発生させるだけではなく、菌やカビによる炎症症状や、性器カンジダ症や性器ヘルペス、尖圭コンジローマをはじめとする性感染症の温床になっているのです。

女性の場合は殺菌の役割を果たす分泌液が日常的に出ているためあまり気にする必要ないのですが、男性の場合は自分で洗わなければどんどん溜まっていくので、恥垢が洗えない重度の包茎の方は治療を行わなければ、自分だけではなく大切なパートナーにも病気を移してしまうリスクがとても高くなります。

軽度の包茎の方も、恥垢が溜まっていないかを日頃から気にするように心がけましょう。

まとめ

ここまで、包茎の原因やデメリットについて詳しく説明してきましたが、包茎は治療を行えば改善することができるので悩まれている方がいたら治療をすることを強くおすすめします。

日本人の7割が包茎だからきにしないという考えだった方も、この記事を読んでいただくと治療しなければならないと感じていただけるはずです。

まだ性交渉を行ったことのない方も、既に性交渉を行っていたりパートナーがいる方も、今後のことを考えて早い段階から手を打っておくべきです。

ほとんどのクリニックが無料化カウンセリングを行っているので、専門のドクターの方と納得できるまでお話をしてみるのが一番でしょう。

包茎で悩んでいる方にとって少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ