包茎手術が広く行われるようになっています。

日本人の7割以上は包茎だといわれていて、そのために実際に手術に踏み切る人は多いです。

しかし、皆が成功するわけではなくて、失敗することもあります。

そこで今回は、そういった手術のリスクと、リスクを避けるためにはどうしたらいいのか、といったことについて詳しく解説していきます。

包茎手術でのリスク

包茎手術は、特に亀頭のすぐ下の包皮を切除する方法によってなされることが多いです。
特に泌尿器科での手術はほぼこの方法ですし、包茎治療を扱う美容クリニックでもこの亀頭直下の切除方法が用いられることが多くなっています。

そして、特にこの包皮を切開する方法については、ビジュアル的なリスクと、機能面でのリスクが伴います。

ビジュアル的なリスク(ツートンカラーなど)

ツートンカラー

ビジュアル的なリスクとしては、まずツートンカラーというものが挙げられます。

大体、包皮というのは亀頭部から根元部分にかけて、肌色から黒っぽい色へとグラデーションのような色合いをしているものです。

亀頭直下の包皮を切除すると、このグラデーションの中間あたりがごっそりなくなることになります。

そのため、薄い肌色から急に黒くなるというツートンカラーが生じるリスクがあります。

傷口のかぶれ

特に切除した部分の傷口がかぶれて、ケロイドのような状態になることがあります。

剥け方が不自然

包皮の切除が均等にうまくできていないと、たとえば陰茎の裏側の包皮だけが表側に比べて短いために、剥いた状態が裏側から引っ張られている感じで変に見えることがあります。
この場合、機能面でのリスクにもつながってきますが、勃起時に違和感が出てくることがあります。

機能面でのリスク(刺激を感じにくくなる

刺激に対して鈍感になる

機能面でのリスクとしては、包皮を切除する際に、刺激を受け取る性感帯の一部を切り取ってしまって、行為の際に刺激を感じにくくなるということがあります。
これが悪いときには、EDという勃起不全に発展する可能性があります。

包茎手術のリスクを避けるためには??

無名クリニックではなく知名度の高い大手クリニックを選ぶ

特に大手の包茎治療を扱うクリニックでは、技術がかなり進化するようになっています。
それこそ小規模な無名クリニックよりも仕上がりが断然変わってきます。

クリニックでは泌尿器科のような病院と違って、保険の適用がありません。
しかし、病院の仕上がりともクリニックでの仕上がりは変わってきます。
それこそ、上述したようなツートンカラーや機能面でのリスクを抑えたいということであれば、大手のクリニックに行くのがおすすめです。

包茎治療は一生物ですから、ぜひ仕上がりにこだわってクリニックを選んでいきましょう。

大手クリニックでは切除法もレベルが高い

亀頭の下の部分を環状に切除する方法が、切除法としては広く用いられています。
大手のクリニックにおいては、こういった切除法も非常にクオリティーが高いです。

・亀頭の一番目立ちにくい下の部分を上手にカットすることによって、自然な仕上がりになる
・スピーディーな麻酔も取り入れていて、ほぼ無痛で受けられる

このように、技術力が高く、痛みも少ないのが大手のクリニックの特徴になっています。
ビジュアル面や機能面でのリスクを最小限に抑えて切除をしていくことができます。

場合によっては切らない手術も可能

大手クリニックで包茎治療をするメリットとして、症状によっては切らない手術も可能だということです。
切らなければ、包茎治療のリスクはなくなります。

ただし、切らない手術は仮性包茎の方で症状が軽い方限定です。
切らない手術としては、大きく2つの種類があります。

ナチュラルピーリング法
この方法は、陰茎の根元の部分で包皮を医療用の糸を使って縫い合わせるという方法になっています。
切らないために、たとえばツートンカラーになったり、感度が低下してしまったりということがなくなります。
ただし、包皮が多い方だと根元部分でだぼついてしまって、見た目がよくありません。
そのため、包茎の方でも症状が軽微な方が採用できる方法です。

このあたりは、クリニックで聞いてみるしかありません。
カウンセリングを無料で行っているのが大手クリニックのいいところです。
こういったところでカウンセリングを受けてみて、自分が切らない方法でいけるのかどうか、確かめてみるとよいでしょう。

根元部固定法
ナチュラルピーリング法との違いは、特に糸ではなくて接着剤で包皮を固定するということです。
根元部で固定するために、仮性包茎の方で根元まで包皮を下ろすことができる人でなければ施術を行うことができません。

おすすめの大手クリニック

・技術が高いと評判なのが上野クリニックです
カットが7万円ほど、切らない施術が3万円ほどで行われています。
仕上がりが非常に綺麗だということで評価も高いです。

・安さで選ぶならABCクリニックです
切除法も5万円で受けることができます。予約などの条件を満たすことによって、3万円で受けることができます。
安いですが腕も確かだと評判を集めています。

仮性包茎の場合はペニス増大サプリに頼る

そもそも、包茎というのは陰茎に比して包皮が長すぎるのが原因です。
そのため、特に仮性包茎であるような場合には、ペニスが大きくなることによって、自然と亀頭が露出して包茎が治ることになります。
最近では、効果のあるペニス増大サプリも多くなっていて、こういったものを利用するのもおすすめです。

人気でおすすめのペニス増大サプリ

・ヴィトックスα
一番人気で効果を実感した人も多いサプリが、ヴィトックスαというものです。
アメリカでも人気のサプリです。
成分的にも安心で、シトルリンやアルギニン、トリプトファンといった効果的な成分が多く含まれています。
公式サイトで1箱12800円で購入することができます。

まとめ

このように、包茎手術はリスクもあるものの、今では大手のクリニックを選ぶことによって、リスクを抑えて治療をすることができるようになっています。
特に症状によっては、切らない手術やペニス増大サプリによる治療もできるので、気になったものは積極的に試してみるとよいでしょう。

参考URL①:川崎中央クリニック
参考URL②:上野クリニック
参考URL②:ABCクリニック